いちご鼻は洗顔やスキンケアだけでは一時的に治ったとしか言えません。

もちろん、毎日の生活でも毛穴に汚れは詰まります。
けれどもそれだけではなく、実はストレスも大いに関係しているのです。

ストレスでいちご鼻が悪化する

ストレスは誰でもが経験します。

嫌なことがあってイライラしてしまうことももちろんですが、疲れが溜まる、緊張しているなど精神面で負荷がかかる状況は自分が感じていなくても身体にはストレスとなっています。

みなさんは「ストレスが溜まると肌荒れがひどくなる」「緊張すると汗がとまらない」という経験をしたことはありませんか。

これらは身体がストレスにより興奮状態になっているため。

この時に働いているのは男性ホルモンで、皮脂を出すよう促してしまうのです。

そのため、角栓ができやすくなったり、脂汗がとまらないという状態になってしまったりしてしまうのです。

角栓は毛穴に詰まってしまうといちご鼻を作り上げてしまいます。

ストレスがない状態を作るのはとても難しいですが、自分なりのリラックス方法を見つけることはとても大切です。

興奮状態を持続させないことが大切

確かにストレスが原因でホルモンバランスが乱れることは事実ですが、一時的なものでは問題はありません。

そもそも、ストレスなく生活をしていくのは、多種多様の考え方を持って行動している私たちには到底無理な話ですね。

私もカーテンを開けて雨が降っているのをみると憂鬱になったりしますし、家族と喧嘩をすることだってあります。

しかしながら、そのストレスがずっと続いてしまうと、身体が興奮状態のままになってしまいます。

不安を抱えたままベッドで寝てしまった翌日に頭がすっきりとしていないのは、寝ている間に脳がリラックスできていなかった証拠です。

大きな声で歌を歌ったり、ストレッチをして身体を動かしたり、ゆっくり半身浴をしたりと、気分転換をすることが大切です。