手っ取り早くきれいになりたい。

 

そんな方法があるのであればぜひ試してみたいものです。

 

簡単毛穴パックの落とし穴

 

テレビや雑誌で話題の毛穴パック。

貼ってはがすだけで毛穴に詰まった汚れがごっそり取れる。

いちご鼻で悩んだことのある人であれば一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

 

毛穴パックの良いところは何と言っても簡単だということ。価格もそんなに高くないため手軽で簡単、いつでも始められるのが特徴です。しかし使い方を間違えてしまっては、お財布の味方も意味を成しません。

 

「貼ってはがすだけ」これだけで満足してはいないでしょうか。

そのあと放置なんてことはしてないでしょうか。

 

そもそも毛穴パックを使ったあとよく見ると詰まった汚れ以外にも繊維のようなものが付着していることに気がつくと思います。これは皮膚組織の細胞です。

本来であれば古くなった細胞は洗顔の際に自然と剥がれるもの。けれども毛穴パックをした箇所はその細胞を無理やりはがしたような状態。つまりかさぶたを無理に剥いだときのように、はがされた場所はとてもデリケートになっているのです。

本当であれば使わないことが肌にはベスト。けれども「どうしても今すぐこの黒ずみをなんとかしたい」という時だってあると思います。だからこそ毛穴パック後のスキンケアを怠らずにしっかりと自分の肌を守りましょう。

 

話題の毛穴パックを使う上で大切なこととは

 

前述したように、毛穴パックをすると毛穴に詰まった汚れとともに皮膚組織の細胞もはがれてしまいます。

つまりは毛穴にはくっきりと穴が空き、その肌は非常に乾燥した状態。何もバリケードがないため、そのまま放っておいては空いた毛穴に細菌が入り込んでしまいます。

 

そこでまずはしっかり化粧水をつけましょう。

毛穴を引き締め、さらには乾燥した肌にも潤いを与えます。

化粧水には色々種類がありますが、アルコール成分の少し入ったものをお勧めします。最近では全く入っていないものも売っていますが、少しアルコール成分を含ませることで毛穴の殺菌効果もあります。手や口の中を消毒するのと同じように、顔にも消毒をしてあげましょう。

そのあとに乳液といつものスキンケアは必ず行うようにしましょう。

 

最後に、毛穴パックは朝ではなく夜寝る前に。

夜寝ている間は肌のコンディションを整える時間です。寝る前に行い、そのあとしっかりとスキンケアをすることで、翌日の黒ずみ発生は十分に抑えられます。